×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

OOoDrawRTCの仕様

OOoDrawRTCはDataInPortの入力による図形の位置、角度の変更、DataOutPortから図形の位置、角度の出力ができるRTCです。
このため、データポートの数、種類、関連付けする図形等はユーザーが独自に設定できるのが望ましいと言えます。
そのため起動した時点ではデータポートを1つも持っておらず動的にデータポートが増えるRTCにしました。
OOoDrawRTCでは、GUIによるデータポートの追加、設定をサポートしています。
GUIにより設定できる項目は、

追加できるデータポートのデータ型

追加できるデータポートのデータ型は以下の通りです。

TimedDoubleSeq
TimedLongSeq
TimedFloatSeq
TimedShortSeq
TimedUDoubleSeq
TimedULongSeq
TimedUFloatSeq
TimedUShortSeq
TimedPoint2D
TimedVector2D
TimedPose2D
TimedGeometry2D