×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

OOoCalcRTCの仕様

OOoCalcRTCはデータポートの入出力によりセルの値の読み込み、書き込みを行うRTCです。
このため、データポートの数、種類、関連付けするセル等はユーザーが独自に設定できるのが望ましいと言えます。
そのため起動した時点ではサービスポートを1つ持つだけのRTCとして動的にデータポートが増える仕様にしました。

OOoCalcRTCでは、GUIによるデータポートの追加、設定をサポートしています。

GUIにより設定できる項目は、

本RTCをアクティブ化するとDataInPortから入力されたデータを関連付けしたセルに書き込み、DataOutPortから関連付けしたセルの値を出力を行います。

サービスポートとして指定の位置のセルの読み込み、書き込みを行うインターフェースを持っています。

サービスポート

SpreadSheet.spreadsheet(Provided)

指定したセルの値の取得、入力するためのインターフェースです。
FloatList、StringListは独自のデータ型です。

名称  引数 戻り値の型 説明
get_string string l, string c, string sn string セルの文字列を取得する。
l:列の番号(アルファベット)
c:行の番号(数値)
sn:シートの名前
set_value string l, string c, string sn, float v void セルに値を入力する。
l:列の番号(アルファベット)
c:行の番号(数値)
sn:シートの名前
v:入力する値
get_string_range string l1, string c1, string l2, string c2, string sn StringList 未実装
set_value_range string l1, string c1, string l2, string c2, string sn, FloatList v void 未実装 
set_string string l, string c, string sn, string v void セルに文字列を入力する。
l:列の番号(アルファベット)
c:行の番号(数値)
sn:シートの名前
v:入力する文字列
set_string_range string l1, string c1, string l2, string c2, string sn, StringList v void 未実装





コンフィギュレーション変数

名称 デフォルト値 説明
actionLock int 1 1でセルの値を変更しているときに画面の更新を止めます。
Red int 255 値を読み込んでいるセルの色
Green int 255 同上
Blue int 0 同上
stime float 0.05 サンプリング時間(シミュレーションで使用)
stCell_row string A シミュレーション時間を表示するセルの列番号
stCell_col int 1 シミュレーション時間を表示するセルの行番号
stCell_sheetname string Sheet1 シミュレーション時間を表示するセルのシート名

本RTCでは実験的にコンフィギュレーションセットを複製するとデータポートが追加されるという機能を導入しています。

datatype0

名称  デフォルト値 説明
data_type string TimedFloat 追加するデータポートのデータ型
column int 1 関連付けするセルの行番号
start_row string A 関連付けするセルの列番号
end_row string A 関連付けするセルの範囲の終わりの列番号
複数のセルを関連付けする場合、start_rowで設定した列番号からend_rowで設定した行番号のセルまで設定されます。
sheetname string Sheet1 関連付けするセルの存在するシートの名前
port_type string DataInPort データポートの種類
DataInPortかDataOutPortを設定できます。
c_move int 1 1の場合はデータの入出力をする度に列を移動します。
Attach_Port string None 関連付けするデータポート。データポート(コンフィギュレーションセットの複製を用いて作成したデータポート名はコンフィギュレーションセット名になります)の名前を入力します。複数関連付ける場合は","で区切ってください。"None"と入力した場合は無視します。

これらのコンフィギュレーション変数をもつコンフィギュレーションセットを複製することでデータポートを追加できます。

追加できるデータポートのデータ型

追加できるデータポートのデータ型は以下の通りです。

TimedDouble
TimedLong
TimedFloat
TimedShort
TimedUDouble
TimedULong
TimedULong
TimedUFloat
TimedUShort
TimedBoolean
TimedOctet
TimedString
TimedWString
TimedDoubleSeq
TimedLongSeq
TimedFloatSeq
TimedShortSeq
TimedUDoubleSeq
TimedULongSeq
TimedUFloatSeq
TimedUShortSeq
TimedBooleanSeq
TimedOctetSeq
TimedStringSeq
TimedWStringSeq
TimedRGBColour
TimedPoint2D
TimedVector2D
TimedPose2D
TimedVelocity2D
TimedAcceleration2D
TimedPoseVel2D
TimedSize2D
TimedGeometry2D
TimedCovariance2D
TimedPointCovariance2D
TimedCarlike
TimedSpeedHeading2D
TimedPoint3D
TimedVector3D
TimedVector3D
TimedOrientation3D
TimedPose3D
TimedVelocity3D
TimedAngularVelocity3D
TimedAcceleration3D
TimedAngularAcceleration3D
TimedPoseVel3D
TimedSize3D
TimedGeometry3D
TimedCovariance3D
TimedSpeedHeading3D
TimedOAP